読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイルランド旅行記(宿泊編 その1)

ここではアイルランドでの宿泊先について、実際に宿泊したところの紹介をしていきます。

ちなみに、予約は全て日本からインターネットで予約して行きました。Booking.comかエクスペディアか、ホテルのサイトから直接予約しました。

 

■Fitzwilliam Townhouse @ Dublin

Fitzwilliam Townhouse Guesthouse BB in Dublin 2 | 3 Star Accommodation located Dublin City Centre

 

アイルランド到着日と次の日の2泊したホテルです。

 

f:id:spitta8823:20160515004648j:plain

 

普通に良かったです。奇麗で、受付の人も親切でした。

壁のクローバーのマークは、アイルランド政府観光庁認可の宿であることを示しています。現地ではシャムロックのマークと言います。★★(2つ)なのでまぁまぁということ?です。

 

部屋の中も悪くなかったですし、無難でコスパ良し。という感じです。特に良かったのは立地ですね。Dublin観光の拠点としてかなり良かったです。ここからテンプルバーエリアやトリニティカレッジ、オコンネルストリートなどに、レンタサイクルを使って行っていました。

近くにセントステファンズグリーンという公園もあります。

食事は全部外で食べたので紹介は無しです。観光スポットへ行く途中に朝ご飯を食べられるカフェやパン屋がいくつもあるので、朝は適当に周辺で食べられます。夜も大体テンプルバーエリアで良さげなレストランやバーで食べていました。

 

外観はこんな感じ

f:id:spitta8823:20160515001655j:plain

 

あと、一応マイナス点もメモしておくと、ここのホテルはスリッパ、ひげ剃りが無く、バスタブも無かったです。 ここだけでなく、宿泊したホテルのほとんどでスリッパ、ひげ剃り、バスタブは無かったので、アイルランドでは一般的なのかもしれません。

アイルランド旅行の際、ひげ剃りとスリッパは持って行くことをおすすめします。

 

 

 

■Ballynahinch Castle Hotel @ Connemara

Castle Hotels Ireland | Ballynahinch Castle in Connemara

コネマラ地方の古城、バリナヒンチ城です。地方の山の中にある静かなお城のホテルで、車でないと辿り着けません。

ここが今回の旅行の中で最も行きたかったところの一つでした。

 

お城といってもそれほど大きくはなく、いい雰囲気の古い建物という感じです。

まわりには小川や湖があり、すごく美しく奇麗でした。

f:id:spitta8823:20160515004030j:plain

 ホテルから続く散歩道を歩いて見えた景色です。

 

 

ダブリンから電車でゴールウェイまで行き、そこからレンタカーを借りて、バリナヒンチ城までドライブしました。行く途中も、バリナヒンチ城もですが、ゆったりした時間が流れ、大自然に癒されまくりでした。

最初ダブリンに宿泊していたから余計にギャップを感じたのかもしれません。

 

近くにはカイルモア修道院やコネマラ国立公園があり、バリナヒンチ城に2泊して、周辺の観光スポットに出かけていました。

 

 

周辺はこんな感じの風景がずっと続いていました。

f:id:spitta8823:20160515173640j:plain

 

 

 

ゴールウェイから1時間程度車で走ると、山道の中にバリナヒンチ城看板が見えます。

f:id:spitta8823:20160515173911j:plain

 

 

 

門から敷地内に入っても奥まで道が続きます。

f:id:spitta8823:20160515180115j:plain

 

 

 

f:id:spitta8823:20160515174759j:plain

 

 

 

建物の入り口。 

f:id:spitta8823:20160515180340j:plain

 

 

 

近くに行くと以外とこじんまりとしています。

f:id:spitta8823:20160515174732j:plain

 

 

 

建物に入るといい感じの暖炉が。実際に薪が燃えていました。

旅行に行ったのは4月中旬でしたが、まだまだ寒く冬服を着ていたくらいなので、常に暖炉には火がついていました。

f:id:spitta8823:20160515181311j:plain

 

 

 

部屋はこんな感じ。奥にはウォークインクローゼットもあり、広かったです。

f:id:spitta8823:20160515204302j:plain

 

 

こちらはベッド。

f:id:spitta8823:20160515210114j:plain

 

 

バスルームもワーオ!

※ただしやはりバスタブは無かったです(泣)。ここでなければどこにも無い気がしますが。。。

f:id:spitta8823:20160515210035j:plain

 

 

 

泊まったのは1階で、小川の流れる中庭に直接出られました。

f:id:spitta8823:20160515205234j:plain

 

 

 

中庭から部屋を見るとこんな感じ。

f:id:spitta8823:20160515205357j:plain

 

 

 

ちょっと寒かったですが、ベンチで読書は最高でした。

f:id:spitta8823:20160515205425j:plain

 

 

 

そのまま散歩にも出かけられます。

f:id:spitta8823:20160515205600j:plain

 

 

 

丁度、桜も咲いていました。4月中旬だったので、日本よりちょっと遅いくらいのタイミングです。写真の建物はレストランで、桜を見ながら朝食を楽しんでいました。

f:id:spitta8823:20160515234118j:plain

 

 

建物の中もライブラリーがあったりして、一通り見て廻るだけでも一日飽きません。

f:id:spitta8823:20160515211750j:plain

 

 

 

f:id:spitta8823:20160515214126j:plain

 

 

 

周辺の観光スポットにドライブしに出かけたり、とにかくいろいろやることがあるので、二日間の宿泊でしたが出来ればもう一泊くらいしたかったです。

 

あと、食事もおいしかったです。

朝食はデフォルトで付いていて、夕食はレストランでコースを予約するか、予約無しでも中のパブでも食べられます。

周辺はなにもないので、夕食もホテル内で取るのがよいかと。

 

 

朝食は、選べるメインディッシュの他、ハムやチーズはブッフェで食べ放題です。

これは朝食メインディッシュのアイリッシュブレックファースト。

f:id:spitta8823:20160515213236j:plain

 

 

 

エッグベネディクトもありました。

f:id:spitta8823:20160515213807j:plain

 

 

 

食べ放題のハム、チーズは自分で欲しい分だけ自分でカットします。

f:id:spitta8823:20160515214403j:plain

 

 

夕食メニューには魚介も。美味しかったです。

f:id:spitta8823:20160515221516j:plain

 

 

 

バリナヒンチ城はとにかく、都会の喧噪から離れてゆったりとした時間を過ごしたい人におすすめです。

大自然の中にある古城の雰囲気は格式があり、スタッフはみんなホスピタリティーがありフレンドリーで、大満足でした。

 

 

あともう一点、バリナヒンチ城と言えば、巨大ウナギの伝説があるそうです。

バリナヒンチ湖に住んでいる巨大ウナギの伝説で、昔、バリナヒンチ城の橋の下で渇水のため身動きが取れなくなっているのが見つかったとか。

 

f:id:spitta8823:20160515224047j:plain

ここがその橋。なのかわかりませんが、お散歩中にそれっぽいところがあったので写真を撮っておきました。

 

アイルランドには至る所にさりげなく妖精やUMAの伝説があって面白いです。

 

 

最後、ホテル出発の日の朝、宿泊客が馬に乗ってどこかに出かけていました。

乗馬ツアーなんかもあったのかもしれません。

今度泊まるときは乗馬をやってみるのも面白いかも。

f:id:spitta8823:20160515225401j:plain

 

次は、宿泊編その2に続きます。

 

 

 

 

広告を非表示にする