読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイルランド旅行記(移動手段編 ダブリンバス&LUAS)

旅行

ここではアイルランド旅行中に利用した移動手段について、記録しておきます。

 

首都ダブリンの移動

ダブリン周辺では、主に市バス、自転車、LUAS(路面電車)の3つの移動手段を利用しました。

市バスかLUASでその日の拠点の近くまで行き、ホテルにチェックインした後は自転車で観光地やお店まで移動というパターンが多かったです。

ダブリンバス

ダブリンバスは市バスで、ダブリン周辺の標準的な移動手段であり、観光客にとっても便利な移動手段になります。無料のWi-Fiも付いているので、バスに乗っている間スマホで調べものなども出来ます。

 

黄色い車体で、二階建ての特徴的な外観です。

f:id:spitta8823:20160503011311j:plain

 

ただ、日本のバスと利用の仕方がちょっと違うので、事前に下記の利用方法を頭に入れておくと良いです。

 

自分は、ダブリン空港到着後にダブリンバスで市街地まで移動しました。3.3ユーロで40〜50分程度です。他に空港と市街地の直行バスもあり、こちらは6ユーロ程、30分くらいで着くそうです。

 

 ■乗るバスを調べる

まず、バス(ルート)とバス停とにはそれぞれ番号が付与されていて、その番号を頼りに乗るバスを調べます。

下はバス停の写真ですが、Stop No.10がバス停で、1,11,16,44の数字が止まるバスの番号です。

f:id:spitta8823:20160503011934j:plain

 

どうやって調べるかというと、ホームページか、Dublin Busのアプリで調べます。スマホを持っている人は、先に日本でアプリだけでもインストールしておくと便利です。

自分は空港から市街地に行くバスの路線とバス停の情報を事前に調べ、スクリーンキャプチャして確認してました。市街地でプリペイドSIM(後述)を購入後には、移動時には必ずこのアプリを使っていました。

Mobile Apps - Dublin Bus

 

アプリの使い方は実際に使ってみた方が早いので説明ははしょりますが、左上メニューのRoute Plannerから、乗車するバス停と到着するバス停を検索すると乗り換え含めて、移動ルートを表示してくれます。地図表示も出来るのでわかりやすいです。

また、ダブリン空港から市街地に移動するバスは、ルート16番のバスなのでこれだけ覚えておくと良いと思います。(Airportで検索してもいろいろなルートやバス停が表示され混乱しますが、結局乗るのは大体16番のバスでした。)

 

■乗車料金について

料金も上記のDublin Busアプリで調べることができます。

料金の種類は、リープカードと呼ばれるプリペイドカードか現金払いになります。

また、料金は前払いで、乗車時にリープカードを機械にかざすか、料金箱に料金を投入します。料金を払ったらレシート兼乗車券をくれるので、捨てずに持っておく必要があります。

 

[現金払いの場合]

現金払いの場合はおつりがその場では貰えないので、事前に乗車場所から目的地までの料金をアプリで調べ、その分の小銭を用意しておくのが良いです。もし小銭が無い場合には、バスでおつりの証明書を貰い、後でダブリンバスオフィスで清算してもらう必要があります。

前払いになるので、おつりが必要な場合は運転手に、目的地とおつりが必要であることを伝える必要があります。英語に不慣れで、ちょっとめんどくさかったので、自分は適当にジュースを買ってでも小銭を用意してました。

ちなみに、自分も慣れるまでは何度か運転手に質問したのですが、恐い運転手には当たらず、片言の英語でもコミュニケーション出来ていました。

 

[リープカードの場合]

リープカードはコンビニや駅で購入できます。デポジットとして5ユーロ必要ですが、約20%程度料金が安くなります。また、小銭を用意する必要がないのと、1日の消費上限金額が6.9ユーロ(バスの場合)と決まっていて、同じ日にそれ以上乗っても料金はそれ以上かからないのが大きなメリットです。

また、後述のLUASでも共通で使えます。

バスやLUASを頻繁に使う予定の人はこっちの手段が良いかもです。自分は細かな移動には自転車を使っていたので、バスは現金派でした。

 

■乗車の方法

事前に調べた料金を用意して、事前に調べたバス停に行き、バスを待ちます。

 

その際、バスのリアルタイムな位置情報は、アプリやバス停の電光掲示板で確認できます。バスが遅れている場合でもあと何分後にくるかわかるので助かりました。

こんな感じです。

f:id:spitta8823:20160503020624j:plain

 

あと、注意点として、乗車したいバスが来たら、手を上げてアピールしないと止まってくれません。。。うっかりしていると通り過ぎてしまうので注意が必要です。

 

■下車の方法

降りるときには、日本と同じくブザーを鳴らします。

社内のアナウンスを聞いても、通りの名前を言われてよくわからなかったので、自分はスマホで現在地を地図で確認しながらでした。バスにはWi-Fiが付いているので、もしSIMを持ってなくても位置情報を確認することが出来ると思います。

 

■ダブリン空港から市街地までの移動

Dublin Busで移動する際には、以下をおすすめします。

①Dublin Busアプリで乗るバスと、降りるバス停の番号、降りる1、2個前のバス停の番号と通りの名前を調べ、スクリーンショットを取っておく。

②空港のバス停にある自販機でチケットを購入する。現金払いだと3.3ユーロかかるところを、3.1ユーロで一回乗車分のチケットで済みました。特に、空港に到着してすぐは小銭がないと思うので、チケット購入が便利です。

 

LUAS

LUASは市街を走る路面電車です。

(写真ちょっと小さいです。。。)

f:id:spitta8823:20160503022336j:plain

 

LUASは料金はゾーン制でまた慣れるのにちょっと時間がかかります。

ダブリンバスを駆使する人が、LUASを併用するような使い方になるかと思いますが、自分は1回しか乗らなかったです。

 

LUASにもアプリがあります。LUAS派の人は是非。

Mobile & Apps

 

 

次は、自転車について説明します