Mac(High Sierra)へjuliaのインストール手順メモ

juliaとは

プログラミング言語の1つで、主に数値計算(シミュレーション)をしたいときに使う、らしい。
計算速度が比較的早いのと、jupyter notebook上で使えるというので、使ってみたくなった。
wikipediaによると、Cで最適化実装したときと比較して2倍ほどしか計算パフォーマンスが悪化しないとのこと。
 

Macへのインストールについて

結論から言うと、Macへのインストールは方法をちゃんと選べば簡単にできる。
しかしながら、ネット上には過去いろいろ苦労している人たちの手順メモが転がっていて、それらをいろいろ試していると結構時間を食ってしまうわりに、なかなかインストールに成功しない(自分の場合だけかも。。)。
以下では、自分が成功した比較的簡単な、Mac(High Sierra)へのインストール手順をメモ替わりに記載する。
と言っても、ほとんど他人の記事の紹介で終わるのだが、どの記事が役に立ったかという情報もまた重要だと思うので。
 

Mac(High Sierra)へjuliaのインストール手順

下記の記事の手順でインストールできました。
t44or2.hatenablog.com

自分の場合、anacondaは使っていなく、jupyter notebookはすでにインストール済みだったので、anacondaインストールは飛ばしました。
 
また、MacEl Capitanから、SIPというセキュリティ機能が追加され、デフォルトでは/binなどへの書き込みが禁止されてしまっています。そのためjuliaをコマンドラインで起動するためのシンボリックリンクの作成を上記の手順そのままでやろうとすると、sudoでも権限がないためエラーになります。その点については、下記の手順で一度リカバリモードで再起動して設定変更し、再起動後に、sudoでシンボリックリンクの作成をする必要があります。
qiita.com

これで、自分もjupyterからjuliaを起動することができるようになりました。
めでたしめでたし。

田崎統計力学

お正月に実家に帰って見つけた統計力学1(田崎晴明著)の教科書を持って帰ってきて読んでいます。

統計力学〈1〉 (新物理学シリーズ)

統計力学〈1〉 (新物理学シリーズ)

 


これ、学部時代にもちょっとは読んでいるはずなのですが、今読むとめちゃくちゃ面白い。この本を読んでいて、なんで学生当時に、複雑系とか非線形科学スルーして素粒子宇宙論に進んじゃったのかと、悶々としながら読み進め、そろそろ1が終わりそうです。
(素粒子宇宙論がどうのこうのという話ではなく、進む専門分野をもっと広く検討していれば、企業の収集するデータで面白い複雑系の研究が将来できるようになることにも、早くから気付けたんじゃないかなぁという妄想の話です。それでも多分当時は素粒子物理に進んだと思いますが。。)
 
特に、最初〜4-1「平衡状態の本質」あたりまでは、統計力学の精神がわかりやすく解説してあり、その考え方自体は熱力学への応用のみをスコープにしたものではなく、理論構築のお手本として純粋に読書感覚で楽しめました。大量のwebデータから何かしらのダイナミクスを研究したいと企んでいる今の自分の状況にマッチしていたというのが大きいかもですが。自分の抱えている問題に対して、独自の統計力学を構築してみたいと思う反面、統計力学の熱力学への応用ほどマクロとミクロがくっきり分けられるケースは、生物が構成物として登場する現実世界の系ではほとんどないため、マクロな理論構築のために、ミクロな世界の描写をどこまですればいいのかが難しいんだよなぁと思いつつ、本の中で綺麗に導出されていくモデルを眺めています。
ちなみに、「新ネットワーク思考」や「バースト」の著者のバラバシなんかは、このマクロな性質の見つけ方が上手く、去年はバラバシの論文も読み漁っていました。
 
田崎統計力学は有名な教科書なので、学部時代に目を通している人からすれば、今更何を言っているんだということになるんですが、改めて読んで感激したのでメモっておきます。どうせまた忘れちゃうと思うので、1読み終わったら骨組みをまとめておきたい。あと2もポチってます。グランドカノニカル分布だけ読んで終わるかも。

統計力学〈2〉 (新物理学シリーズ)

統計力学〈2〉 (新物理学シリーズ)

 
新ネットワーク思考―世界のしくみを読み解く

新ネットワーク思考―世界のしくみを読み解く

バースト!  人間行動を支配するパターン

バースト! 人間行動を支配するパターン

 

CPUの創りかた

CPUの創りかた

CPUの創りかた

 
最近は、これ読んでます。
表紙はふたむかし前くらいの萌え絵ですが、かなり評価は高く良本らしい。
コンピュータの中のブラックボックスを一部分でも理解したいと思う人にはかなりおすすめです。
 

まだ読んだのは数章だけですが、面白いです。
純粋な読み物としてもいいですし、実際に部品とテスターを買ってきて、CPUを作ってみても面白そう。
 
本中にも少しコメントされていましたが、こうやってCPUを自分で創り、連続値を持つアナログな電流を操ってデジタル信号を具現化し、それで実際に計算するという体験を通して、アナログな実世界(リアルワールド)と抽象的なデジタル世界を繋ぐ装置としてのCPUを実感できるのでしょう。
 
一通り本を読んだあと暇があれば工作もしてみてもいいなと思いながら読み進めてます。
ちょうど秋葉原に行く機会も増えたことですし。
ただ、この本に出てくる、74HCシリーズってICは今も売っているものなんでしょうかね。。。
実際のお店で探すのが楽しみです。
 
あと、今現役のチップセットの内容なんてとても理解なんてできっこないのに、今後技術がさらに進歩していく中で、だれがどこまでの範囲で中身を理解して、改良していくのか、そのプロセスが純粋に疑問だったりします。

リアルワールドと抽象世界を繋ぐ仕組みを体験して実感するということは、今後の人生の中で必ず役に立つ貴重な体験になるはずです。